宴会、屋形船トップ

屋形船での宴会

 

屋形船のススメ

 

屋形船を使ったイベントや宴会は本当に楽しい物ですので、管理人は、皆さんにも是非参加して欲しいと思います。
屋形船を使ったイベントの中でも代表的なものを挙げろと言われればやはり、春の花見と夏ぼ花火大会でしょうか。この二つには共通点があり、それは、普通に行くととても混んでいて楽しむのにも一苦労ということです。しかし、屋形船を使うことによって、人混みの中から解放されゆったりとしたスペースで、ゆっくりと桜や、花火を楽しむことができるのです。この利点はとても大きな物と言えるのではないでしょうか。また、花見は昼だけの物とは限りません。ライトアップされた夜桜を屋形船でお酒を酌み交わしながら観覧するという手もあるでしょう。夏なども、蒸し暑い夏の夜に一晩の涼を求めて川遊びという使い方も出来ます。さらに花火大会や祭りの日に合わせていけば日本情緒溢れる町並みや花火を眺めることが出来最高の一日となることでしょう。花火大会・祭りと言えばはっぴです。日本伝統の行事にははっぴを着た人が多く登場しますそれほどはっぴ姿を見ると、元気な気持ちになったり安心する感覚さえ覚えますやはり、日本人には「はっぴ」が根付いているのでしょうか?。花火大会などのイベントがある日には必ずどこかの屋形船会社が船を出していますので近くの業者に連絡を取ってみましょう。ただ花火大会の日の屋形船はとても人気がありますので、もしも屋形船からの観覧を考えているなら早めの予約が必要になると思います。

 

 

予算、サービスなど

 

また、屋形船では豪華な食事がでたり、オプションで芸者さんやコンパニオンがついてくれるというサービスを行っているところもあるようです。料理の質やオプションで値段もかわってくるのですが、相場は大体一人一万円から二万円ぐらいといったところです。屋形船業者によってはキャンペーンでやすくなっていたり、安いコースなどを用意している所もあるようですので、色々や屋形船業者に当たってみると良いでしょう。最近では屋形船を売りにしている企業なども出てきており、そのよう業者は顧客獲得のために様々な努力をしているようですので、楽しいコースが見つかるかも知れません。料理で盛り上げるコースもあり、屋形船ならではの新鮮魚介が楽しめます。通販サイトでふぐ刺しをかうのとでは鮮度が違いますね!盛り上げるのが得意な人は事前にはっぴなどを用意し、盛り上げ役に回りましょう。はっぴは=(イコール)「祭」をイメージさせ、盛り上がること間違いありません。事前にうちわの持ち込みは可能かを確認すると良いです。

 

 

また、その屋形船の形によっても宴会の質は変わってきます最近では屋上にスペースがあり、景色が見やすくなっている屋形船や、テラスのような夜景を楽しめる場所が用意してある屋形船など形も多種多様になってきています。さらには、船酔いを防ぐための工夫としてあまり揺れない用に揺れ防止装置が付いているふねや、座敷ではなく椅子にテーブルという形態の屋形船もあるようですので、色と調べてみると面白いかも知れません。

 

おすすめWEBサイト 5選

京都のiphone修理ショップ

最終更新日:2017/10/20