宴会、屋形船トップ

屋形船の種類

 

屋形船を利用する用途は宴会の他にも沢山存在します。イベントごとはほとんど屋形船で行えるといっても過言ではないほどです。例えば、結婚式や、旅行のレジャー、紅葉をみたり、会議に使用することも出来るでしょう。しかし実際に屋形船を選ぶ時になってどんな屋形船を選べばいいか解らないということにならないように、屋形船の種類を勉強しておきましょう。

 

というのも屋形船を利用する形態にはいくつかの種類があるのです。基本となるのは一艘の屋形船を貸し切る、貸し切り屋形船を使うという方法なのですが、人数やイベントの規模などでもどのような屋形船を使えばよいのかということは変わっていきます。大人数ならその人数に対応した貸し切り屋形船を使えば何の問題はないと思いますがここでどのような形態の屋形船の利用方法があるのかをおさらいしておきましょう。

 

貸し切り屋形船

 

この貸し切り屋形船がもっとも一般的な屋形船の利用方法といえるでしょう。読んで時のごとく一艘の船を時間を決めて借り切る方式で、大人数での宴会や、結婚式などプライベートなイベントに向いています。平均的な利用時間は2時間から3時間ぐらいで、料理やお酒をだしてもらって、食事を楽しみながらみんなで楽しくワイワイというのが楽しみ方でしょうか。貸し切り屋形船の場合はほとんどが大人数での宴会に対応していますので、使いたいという方は屋形船の業者に電話して連絡を取ってみると良いと思います。

 

 

乗り合い屋形船

 

この乗り合い型の屋台船では複数のグループが同じ船に乗り合わせたり、個人でクルーズを楽しむことが出来ます。団体で参加しないと味わうことが出来なかった屋形船の魅力を少人数でも味わうことが出来るというのが最大のメリットで、少人数で、リーズナブルな価格で、さらに気軽に屋形船を楽しむことが出来るためとても人気があります。この乗り合い屋形船を出しているかどうかというのは直接、屋形船業者に連絡して確認をとるのが良いでしょう。

 

 

イベント屋形船

 

このイベント型の屋形船は普段から出ていない屋形船が花火大会などの地元イベントに際してその期間だけ特別に出向するもので、そのイベントを見るためだけに出ている屋形船のことをいいます。花火大会やお花見イベントはもちろんですが、唄の読み会や、落語会、餅つき会など地域の様々な行事に特別に出向を依頼されているということも多くあり、このようなイベントに参加すると個人でも手軽に屋形船の魅力を味わうことが出来ます。

Valuable information

大阪でフォトウェディングなら
http://www.osakamaedori.com/

Last update:2017/2/23